理想的な居住空間の提案

img_main 
当社は昭和62年から高断熱・高気密住宅を建設してまいりました。その中で問題となったのは、室内の湿度のコントロールです。そこで簡便な方法として市販の加湿器を設ける事でした。しかし、根本的な解決になりません、そこで、この度、ダイキン工業から、「住宅用、全館調湿・換気システム」が発売されましたので、検討をしてみてはいかがでしょうか、冬は外気に含まれている湿気を回収して加熱し室内に放出します。又、夏は内部の高い湿気を下げて、余分な湿気は外部に排出する優れものです。
 これで、理想的な湿度40~60%を維持できます。湿度が高ければ風邪も若干防げると言われます。その他に、ストレスから様々な病を発症すると言われますので、快適な室内環境で過ごす事は健康の手助けになると思います。是非、通年を通して快適な居住空間で過ごしてみてはいかがでしょうか?
 この設備については、松田建設㈱1098‐62‐2270 
                  建築部松田功まで