当社の決算について

 当社は仕事があれば殆ど黒字でした。しかし、今回は赤字は防げたが、利益が僅か0.01%程度で久しぶりに、悪い決算になる見込みです。 こんな状態になった理由は景気が停滞している事と、公共工事の減少が原因です。基本的に日本は内需主導の経済です。しかし、公共工事の入札は厳しい価格競争が行われている。これでは市場にお金が回ってきません。

 そもそも国は安く上が出来れば歳出が減ると思うのでしょうが、経済はそんな単純な事ではありません。国の役割は、経済規模に合わせて社会にマネーを供給する役目があります。それを行うのが、国債の発行です。種類は様々ありますが、赤字国債の発行、及びヘルコプターマネーの供給を行う事です。特に、国債を発行して、老朽化した様々な公共施設の更新をしないと、今後、全国で老朽化した施設が脆性破壊の危機的な状態で利用できなくなる恐れがあります。これらの施設を更新しなければなりません。

 「安倍さん節約は経済でないよ、」お金を市場に回す事です。この事を理解してください。