同一労働、同一賃金の弊害

 日本は共産国になるのか、と思わざるを得ない今回の労働基準法の改正です。

 今回の働き方改革の指針で、「同一労働同一賃金」と言う法律は愚かな法律と思います。何故なら皆同じなら本気になって働く者はいなくなるのではないか、それを実践し失敗したのが共産国家です。私が知る、共産国家は何れの国も国民を幸せにしていません。

 共産国は仕方なく、国民を弾圧して国家の体制を維持しているに過ぎないのではないか、こんな法律を施行すれば労働者は汗水流して働かなくなります。更に研究者も真剣に研究しなくなれば高品質で低廉な製品は作れなくなります。頑張る者が報いるような働き方改革でなければなりません。こんな愚かな法律を施行すれば日本は3等国になり最悪の場合は国家破綻と言う恐ろしい未来が待っています。こんな法律は絶対に施行してはなりません。