ゼロエネルギーハウスメリットその3(開口部の断熱について)

 通常開口部と言いますと、窓、玄関、換気口、吸気口を言います。そこで、初めに窓の熱損失をどのようにして防ぐかです。

 開口部のサッシは木製式のサッシが好ましいが残念ながら価格が高い事が難点です。それではアルミサッシは比較的に安いのでベターなのかと言うと、熱伝導率が木製の1000倍と言う速さで伝達するので良くない。そこで比較的の低廉で加工しやすい材料としてPVCと言われるプラスチック系の材料が現在主流を占めています。このPVC材にLow Eータイプのトリプルガラスをさいようします。

 更に、内部に充填するガスはアルゴンガスを採用して、熱還流率0.79w/㎡・k(通常の一般的なペア―ガラスは1.2w/㎡・k)と高性能化しています。

 厨房の排気扇には開閉式のシャッター付を採用しています。

玄関については、開け閉めが多いので高性能の断熱サッシを使いますが、その他に風除室を設ける事が大切です。