「スーパーウォール工法リフォーム」で快適な住環境を作ろう

 快適な住いで暮らす事はストレスが軽減され、免疫力が高まり、健康体になると言われております。私の古い住宅は、寒さや暑さに耐える生活で大変閉口してました。そこで、子供達が社会人になった後に、厚さ99mmの硬質ウレタンパネルを使用した住宅に作り変えました。

 現在は快適で隣の孫などは学校から帰ると、私の家に只今と言って自宅より先に我が家に帰ってきます。私の家が暖かいからここで勉強すると言われます。母親の家は、共稼ぎで冬は暖房を止めて仕事に出かける事から帰宅時は家の中は寒い状態です。しかし、私の家は熱損失の少ない高性能のウレタン断熱を使用し更に蓄熱暖房を使用していた事から、常時快適で暖かい。

 ここで、私が言いたいのは「寒や暑さに耐える生活よりも温度環境の良い快適な住いで暮らす方が健康的でストレスフリーの生活が出来ると言う事です。」中には、「環境に合わせて住む方が良いと言う環境優先派の方々がいますが、」それでも、私は高性能の温度環境の良い、住まいを推奨します。そして、長生き「遺伝子」を修復すると言われる赤ワインを飲みながらストレスを解消して長生きをしてください。 松田 功

 注~赤ワインには(レストベラトール)と言う長生き遺伝子を修復する成分があるそうです。(Life span) に掲載されています。