建物の換気と新型ウイルスに付いて

 今、世界中で、新型コロナウイルスで大混乱しています。特に室内空間の換気で物理的にマッチングしないコメントがあります。しかし、当社の高気密、高断熱、住宅は効率よく換気されています。建物の気密性を高めて、部屋毎に吸排気を対角線上に配置しています。しかし、気密性の悪い室内の場合は、部屋の中間に隙間があれば、そこから奥は換気されません。当社は気密テストを行lって気密性を高めて24時間の換気システムを取り付けております。

 メデアで換気の為に窓を開けて換気をすれば良いようなコメントがありますが、いい加減な考え方です。そもそも換気は外と内部との分圧差で移動しますので、簡単に言えば、風が吹かなければ換気されません。窓を開けた時に外から冷気が入りますが、それは室内の下部温度が低い為に分圧の高い天井側の暖かい空気が逃げ出す、その時に不足分が下部から進入します。しかし、これでは部屋が冷えますので熱の損失があります。寒くなります。それよりも、連続的に一定量計画的に換気する事が大切です。それが計画換気システムです。

 現在、当社では北上市村崎野の中部病院の近くにウレタン断熱の高性能のアパート(コスモアーク村崎野A,B)を施工中です。新型コロナ対策の一つである、換気に付いては24時間の換気システムが付いているので、窓を開けて換気する必要はありません。

                                   松田功