東京都のgo-toトラベTgoーtoイート停止は都民の為になるか?

 東京都の小池都知事go-toトラベTgoーtoイート停止を発表しましたが、今停止しても何れ解除しなければなりません、若し解除時点でウイルスの抗体を持っていない人が続々と市中に現れれば、R0値が2,5回を超えないウイルスで強毒性のG型のウイルスが発生した時は罹患者はADE(抗体依存性感染増強)を起こすと思います。今以上に厳しくパニック状態を起こす事になります。

 従って、これ以上規制しないで普通の生活にして都民、或いは国民が、集団免疫を付けるように暴露し合うようにすべきです。元々、人類は様々な細菌やウイルスに晒されて抗体を取得して生き残ってきました。人類はウイルスを全く寄せ付けない生活は出来ない訳だから、人間が持つ免疫力で対抗するしかありません。

 現在、ウイルスを殺す薬はないと言われています。抗生剤も活動を弱める程度で、直接殺せない。従って、個々に持つ免疫力でNK細胞から出るサイトカインでウイルスを殺すしかありません。

 反論ある方は、上久保靖彦氏と小川栄太郎氏の「ここまでわかった新型コロナ」と、奥村 康先生の「健康常識」を読んで反論してください。

            松田 功