上久保‐高橋モデル(新型コロナの特徴)

  新型コロナウイルスに対して「上久保-高橋」モデルを何故、政府やメデアが取り上げないのか不思議です。私のような素人でも「小川栄太郎さんが上梓した(ここまでわかった新型コロナ)を読んで実に納得いく説明をされておりました。普通の風邪対応をして安全だと詳しく述べられおり、その理由は日本人は既に集団免疫が付いているからだと説明されておられています。目から鱗でした。しかし、社会に認知させる行動を政府やメデアは行っていない。大変憤りを感じています。

 このままでは、益々経済は悪くなり、国民は塗炭の苦しみを味合う事になります。上久保先生と高橋先生の「日本国民は既に集団免疫」が付いている事を具体的に説明されているだけに、何故、国は行動しないか全く疑問です。このままでは、近い将来、消費税のアップをされます。更に確定申告で復興税+コロナ対策税を徴収され大きな国民の負担になります。歴史上税金の高い国は栄えたためしがありませんと歴史で学びました。このままでは日本は消滅してしまいます。そんな国になってはいけません。

 菅総理は解っていっる、と、小川栄太郎氏が述べられています。早急に見直しを関係者に支持すべきです。このままでは「嘘のコロナ対策」で国の経済はガタガタになり国民に大きな皺寄せが待ち構えています。私のブログを見る事がないでしょうが、菅総理、勇気を出して行動してください。松田